1円でも安く温泉を予約する方法 Check♪

【霧積温泉 金湯館】ネットの繋がらない秘境の秘湯で楽しむ極上の”ぬる湯” 山奥の宿に一人泊してきた

※このサイトではアフィリエイトリンクを使用しております

群馬の山奥に極上のぬる湯があるらしい

群馬の温泉大好き♡なセキザキノアです。

これまでに四万温泉、沢渡温泉、伊香保温泉…と色々と群馬県内の温泉に行ってきました。

群馬の温泉の第一の特徴はなんと言っても東京から近くてアクセスがいいということ!

四万温泉なんか3時間くらいで行けちゃいますもんね〜♪

お前はまだグンマを知らない

…はい!?

長野県との県境の横川の山奥に知る人ぞ知る秘湯がある。そこへゆけ

は、はあ……

created by Rinker
¥3,682 (2024/04/14 03:05:38時点 Amazon調べ-詳細)

どうやらグンマちゃんネットの情報によると群馬県は横川市に”ぬる湯”の名湯があるそうな。

なんと宿まで続く山道は凄まじく、車でも30分もかかるそう。

Twitterや個人ブログを読み漁ると、どうやら霧積温泉という温泉地だそうで昔は栄えていたものの今は金湯館(きんとうかん)という旅館が一軒だけ取り残されたそうに存在するんだとか。

ペーパードライバーな私はそんな山道の悪路なんて絶対に運転できないのですが、どうやら調べたところによると最寄りのJR横川駅からは宿が送迎のバスを出してくれるとのこと。

これなら行けそうじゃーーん!!ってなわけで行ってきました、霧積温泉。

まあ、でも中々の秘境だったよね……

霧積温泉 金湯館GOODポイント
  • 毎分300Lも溢れ出す極上のぬる湯がドバドバ掛け流し
  • 電波もない!テレビも(たまに)映らない!非日常的な体験
  • 伊藤博文が宿泊し明治憲法を起草した歴史のある宿
目次

霧積温泉の金湯館に一人で宿泊

↑上述の通り、霧積温泉はいわゆる秘境にある温泉です。

しかも現存する旅館は1軒のみ。その1軒が金湯館さんなのですが、ここの歴史はとても古く、遠く明治の初期には伊藤博文らが宿泊し明治憲法の草案を作ったり、与謝野明子が宿泊したりしています(当時の部屋もまだ残っている)。

時代は下って昭和に入ると、森村誠一の大ヒット推理小説「人間の証明」の舞台にもなりました。

森村誠一氏が大学生であった当時、金湯館に宿泊しハイキングに出掛けました。山の頂きで宿のお弁当の包み紙に刷られていた、“母さん僕のあの帽子どうしたでせうね。ええ、夏碓氷から霧積へ行く道で渓谷へ落とした、あの麦わら帽子ですよ。。。”で始まる、西条八十の“帽子”の詩が目に留まり、それから20年以上経った、昭和50年代の初めに大ヒットした“人間の証明”を世に出すに至ったのです。

金湯館公式HP
created by Rinker
¥216 (2024/04/14 03:05:39時点 Amazon調べ-詳細)

と、とにかく歴史と話題に尽きない宿なのです。

今も昔もかなりアクセスの悪いところではあるのですが、それでも人々を魅了してやまない極上の”ぬる湯”。

これは期待が膨らみます。

【公共交通機関アクセス】★★★☆☆ 公共交通機関で来るなら宿の送迎はマスト!

さあ!みてくださいこのGoogleマップを!笑

※このサイトではアフィリエイトリンクを使用しております

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次